【デスクワーク中心の50代のための、背骨の動きを改善し腰痛を解消する方法】

現代の仕事環境で多くの時間を

デスクワークに費やすことが、

50代の方々にとって腰痛の原因と

なることはよくある事だと思います。

長時間同じ姿勢でいることで、

背骨の可動性、柔軟性が失われ、

それが腰痛を引き起こす一因となる

のです。

しかし、正しい方法で身体を動かす

ことで、これらの問題は改善可能です。

今回は、特に背骨の動きを中心に、

腰痛解消のためのエクササイズを

ご紹介します。

【キャット&ドッグ】

この動作は、背骨の可動性を高めるのに

役立ちます。

四つん這いの姿勢から始めて、息を吸い

ながら背中を丸め、息を吐きながら

背中を反らせる、この動作をゆっくり

繰り返します。

この動きは、背骨の可動性を取り戻し、

腰痛の軽減に役立ちます。

既に痛みのある方は、痛みの状態を

見ながら、肩甲骨まわりから動かす

イメージで行うなど調整してみましょう。

【広背筋、前鋸筋のストレッチ】

膝くらいの高さの台を前に四つん這い

になり、両方の腕を真っ直ぐにした

状態で台に置きます。

この時、手の平は上を向き、耳の横に

腕がくるようにしましょう。

そのままの姿勢を維持しながら、

両肘を曲げていきます。

呼吸を止めないようにしながら

行ってみましょう。

【セグメンタルローリング】

仰向けになった状態で手足を上下に伸ばす

ようにします。

そのから右手を斜め下方向へ、袈裟斬り

をするような動き方でゆっくりと動かし

ていきます。

そのまま、身体を捻るほうへ手で誘導する

ように動かしていきます。

なるべく、へそから下の力を抜きながら

自然に上半身側から背骨を中心に捻って

いくようにやってみましょう。

【ウォーキング】

ウォーキングは全身を使う運動で、

日常行っている動作でもあります。

かかとからの着地、足首、膝を柔らかく

使ったスムーズな重心移動、そこに

連動する腕の振りと体幹の捻り。

こういった動きを連動させながら

行うことで筋肉のバランスが整います。

これらのエクササイズを継続することで、

背骨の柔軟性が改善され、腰痛が軽減

されるでしょう。

しかし、エクササイズを始める前には、

必ず専門のトレーナーに相談し、

個々の状態に合わせた適切な方法を

選んでください。

当ジムでは、一人一人の身体の状態を

詳しく見ることで、最適なプログラム

を提供しています。

痛みに悩まされず、健康で活動的な日々

を送るために、ぜひ体軸館のパーソナル

トレーニングをご利用ください。

あなたの踏み出すその一歩が快適な未来

へと繋がっていきます。

関連記事

  1. 《慢性痛を根本改善へ》

  2. 和らいできましたね〜

  3. 今をどう過ごそうか

  4. 【肩こりと腰痛の同時解消:50代のための連動性トレーニング】…

  5. 定番になりつつある。。

  6. 伝わりやすさが。。

プロフィール

岩下洋太プロフィール

岩下 洋太(いわした ようた)
詳しいプロフィール

営業日および営業時間

火曜日 10:00〜21:00
水曜日 10:00~21:00
木曜日 13:00~21:00
金曜日 10:00〜21:00
土曜日 13:00〜20:00
日曜日 10:00~19:00

  1. 2024.05.26

    【座り仕事の腰痛対策:動作トレーニングによる効果的な背骨…

  2. 2024.05.25

    【腰痛を解消する歩き方と動作トレーニング:50代におすす…

  3. 2024.05.24

    【50代から始める腰痛予防:正しい姿勢と動作トレーニング…

  4. 2024.05.23

    【50代から始める腰痛予防:連動性を高める動作トレーニン…

  5. 2024.05.21

    【50代必見!腰痛と肩こりの関連性を理解し、動作トレーニ…