【デスクワークで固まった背骨を解放!腰痛軽減の動作トレーニング】

長時間デスクに向かうことは、

背骨の動きを制限し、それが腰痛の原因

となる事が多々あります。

しかし、適切な動作トレーニングを取り

入れることで、背骨の可動性を回復し、

腰痛を効果的に軽減することができます。

パーソナルトレーニングジム体軸館では

、特に50代からのデスクワーカーを

対象に、背骨を解放し腰痛を緩和する

特別なプログラムを提供しています。

【1. 背骨の可動性を高めるエクササイズ】

背骨の可動性を向上させるには、

定期的なエクササイズが非常に効果的

です。

以下のエクササイズを日常に取り入れて

みましょう。

《キャット&ドッグ》

四つん這いの姿勢から背中を丸めて

頭を下げ、次に背中を反らせて顔を

上げる動作を繰り返します。

肩甲骨の動きを意識しながら行って

みましょう。

《背骨の回旋》

四つん這いの姿勢で片方の手の甲を

背中(ベルトラインよりやや上)に

置き、身体を背骨中心にゆっくり

ねじる方向へ胸を閉じたり開いたり

と動かすことで、背骨の動きを

改善することができます。

【2. 腰痛を予防する体幹トレーニング】

強くしなやかな体幹は背骨を支え、

不要な圧力から脊椎を守ります。

次のようなエクササイズが推奨されます。

《セグメンタルローリング》

仰向けになった状態で手足を上下に伸ばす

ようにします。

そのから右手を斜め下方向へ、袈裟斬り

をするような動き方でゆっくりと動かし

ていきます。

そのまま、身体を捻るほうへ手で誘導する

ように動かしていきます。

なるべく、へそから下の力を抜きながら

自然に上半身側から背骨を中心に捻って

いくようにやってみましょう。

《ゲットアップ》

仰向けになり、両足を左右ともに45°

程度開きます。

この姿勢から右膝を立て、左手は左足

に沿うように軽く開き、手のひらを

下に向けておきます。

右の手は軽く握り肘が伸びた状態で

天井方向へ向けるようにします。

そこから左足の先を見るようにしながら

、左肘で立てる位置まで、ゆっくりと

上半身を起こしていきましょう。

起き上がりの姿勢は左肘から右の手まで

が一直線になるようにしてみましょう。

反対側も同様に行います。

【3. 動作改善のためのエクササイズ】

日常の動きを改善するためのエクササ

イズも、腰痛の軽減に役立ちます。

特に以下の動作が効果的です。

《椅子からの立ち上がり方》

上半身を股関節から前傾し、

椅子の淵に座るように身体を前へ

移動させます。

足裏に体重がかかるのを感じながら

立ち上がります。

目線は上半身の起き上がりに自然

に合わせる程度にしてみましょう。

《重い物の持ち上げ方》

重い物を持つ際は、なるべく身体の

近くで、腰ではなく股関節を中心に

膝もバランスよく使い持ち上げること

が大切です。

【4. 専門トレーナーによる個別指導】

体軸館では、専門のトレーナーが

一人ひとりのその日の体調や体力、

身体のバランスに合わせたプログラム

を提供します。

これにより、背骨の動きを取り戻し、

腰痛を効果的に軽減することが可能です。

デスクワークによる背骨の固さと

腰痛から解放され、より健康的で快適な

毎日を送るために、今日から始めてみま

せんか?

パーソナルトレーニングジム体軸館が

全力でサポートします。

関連記事

  1. 心配事。。

  2. 今日もいい一日でした♪

  3. どうか冷静な判断を。。

  4. 変化を実感♪

  5. 『こんな事までして頂けるとは、、』

  6. 《身体の歪みが引き起こす腰痛にアプローチ》

プロフィール

岩下洋太プロフィール

岩下 洋太(いわした ようた)
詳しいプロフィール

営業日および営業時間

火曜日 10:00〜21:00
水曜日 10:00~21:00
木曜日 13:00~21:00
金曜日 10:00〜21:00
土曜日 13:00〜20:00
日曜日 10:00~19:00

  1. 2024.05.26

    【座り仕事の腰痛対策:動作トレーニングによる効果的な背骨…

  2. 2024.05.25

    【腰痛を解消する歩き方と動作トレーニング:50代におすす…

  3. 2024.05.24

    【50代から始める腰痛予防:正しい姿勢と動作トレーニング…

  4. 2024.05.23

    【50代から始める腰痛予防:連動性を高める動作トレーニン…

  5. 2024.05.21

    【50代必見!腰痛と肩こりの関連性を理解し、動作トレーニ…