【足首の可動性が鍵!50代の腰痛を和らげる動作トレーニング】

多くの50代の方々が、日々のデスク

ワークを原因とした腰痛に悩まされて

います。

しかし、意外かもしれませんが、

腰痛の改善には足首の可動性が重要な

役割を果たします。

パーソナルトレーニングジム体軸館では

、足首の動きを改善することで

腰痛を軽減し、より健康的な生活を送る

ためのトレーニングプログラムを

提供しています。

【1. 足首の可動性と腰痛の関連性】

足首の可動性が制限されると、歩行や

立ち姿勢の際に過度なストレスが

腰にかかるようになります。

このような小さな負担が積み重なること

で、腰痛が発生することがあります。

足首の可動性を高めることで、膝や

股関節など、他の部分への負担が減り、

腰痛のリスクを自然と軽減できます。

【2. 足首のストレッチとトレーニング】

当ジムでは、特に以下のような足首の

ストレッチとトレーニングを推奨して

います。

《ふくらはぎのストレッチ》

壁に手をつき、一方の足を後ろに伸ばし

てかかとを床につけ、ふくらはぎの

ストレッチを行います。

伸ばす側のつま先の向きを調整しながら

行ってみましょう。

《足首まわし》

座った状態で、足首をゆっくりと内外に

回転させ、可動域を確認します。

スピードが速くなったり、回しにくく

なる角度などは特に念入りに行いましょ

う。

《カーフレイズ》

両手を壁につき、身体が真っ直ぐ立った

状態で、かかとをできるだけ高く上げま

しょう。

おろす時は3〜5秒を目安にゆっくりと

おろすようにしましょう。

【3. 日常生活での足首の使い方】

足首の正しい使い方を意識することも

重要です。

普段の歩く時など、かかとから着地、

その後の重心移動から床の蹴り出し

など足首の動きにも意識を向けて

みましょう。

意識を向けながら使うことだけでも

足首の可動性を保つ効果があります。

【4. トレーニングの習慣化】

足首のトレーニングは継続が鍵です。

毎日短時間でも良いので、足首まわりの

ストレッチやトレーニングを行うことを

お勧めします。

この習慣が、腰痛の軽減だけでなく、

全体的な体のバランスと健康に寄与しま

す。

【5. 専門のトレーナーによるサポート】

体軸館では、個々の状態に合わせた

トレーニングプランを提供し、正しい

フォームでの実行をサポートします。

この個別のアプローチにより、効果的

に足首の可動性を改善し、腰痛を軽減

することが可能です。

足首の可動性を向上させ、全身の健康

につながる動作トレーニングを

今すぐに始めてみませんか?

その踏み出す一歩が、これからの

あなたの未来を大きく変えていきます。

パーソナルトレーニングジム体軸館は、

そんなあなたの健康で快適な未来を

全力でサポートします。

関連記事

  1. これなら。。♪

  2. 【歩き方が未来を作る:慢性痛改善への道】

  3. 【歩き方で未来を変える:慢性痛解放への道】

  4. 【50代デスクワーカー必見!股関節痛を軽減する可動性向上とト…

  5. 【デスクワークで固まった背骨を解放!腰痛軽減の動作トレーニン…

  6. 【歩行動作の奥深さ:慢性痛に繋がるマイナス連鎖への対策】

プロフィール

岩下洋太プロフィール

岩下 洋太(いわした ようた)
詳しいプロフィール

営業日および営業時間

火曜日 10:00〜21:00
水曜日 10:00~21:00
木曜日 13:00~21:00
金曜日 10:00〜21:00
土曜日 13:00〜20:00
日曜日 10:00~19:00

  1. 2024.05.26

    【座り仕事の腰痛対策:動作トレーニングによる効果的な背骨…

  2. 2024.05.25

    【腰痛を解消する歩き方と動作トレーニング:50代におすす…

  3. 2024.05.24

    【50代から始める腰痛予防:正しい姿勢と動作トレーニング…

  4. 2024.05.23

    【50代から始める腰痛予防:連動性を高める動作トレーニン…

  5. 2024.05.21

    【50代必見!腰痛と肩こりの関連性を理解し、動作トレーニ…