【50代から始める腰痛改善!正しい歩き方と効果的トレーニング】

【はじめに】

50代になると、デスクワークや長時間の

座り姿勢を原因とした腰痛に悩む方が

増えてきます。

特に、こうした腰痛は生活の質を大きく

低下させる要因となり得るので注意が

必要です。

しかし、心配はいりません。

こういった腰痛は正しい歩き方と

効果的なトレーニングを取り入れること

で、予防・改善することが可能です。

本記事では、腰痛を改善するための

具体的な方法をご紹介します。

【なぜ腰痛が発生するのか?】

長時間座ったままでいると、股関節周りに

負担がかかり筋肉が硬縮します。

この時の筋肉のバランスの崩れが腰への

ストレスに繋がっていきます。

また、姿勢が悪いとさらに腰への負担が

増し、腰痛を悪化させます。

これに加え、運動不足が重なると筋力が

低下し、体幹部を支える力が弱くなり、

そのことも腰痛の原因となります。

【正しい歩き方の重要性】

歩き方は、全身のバランスや姿勢と

関係しています。

正しい歩き方を習得することで、

筋肉などのバランスが整い、

腰への負担が軽減されます。

【正しい歩き方のポイント】

《1.足の使い方》

かかとから着地し、スムーズな重心移動

を経て、足指の付け根で地面を蹴るように

歩きます。これにより、足全体を効率的

に使うことができます。

《2. 腕の振り》

自然に腕を振りながら、前後のバランスが

取れることで、歩行のリズムが整い、

全体の動作としてのバランスが良くなり

ます。

【効果的なトレーニングのすすめ】

トレーニングは、腰痛の改善と予防に

非常に効果的です。

特に、体幹を中心とし、股関節周り、

肩甲骨周りの筋肉を使えるようにし、

強化することで、腰への負担を軽減し、

痛みの改善に繋げていけます。

【腰痛改善を目的としたエクササイズの一例】

《キャット&ドッグ》

まず四つん這いの姿勢になります。

両手で床を押しながら、へそを覗き込む

ようにし、背中を丸くしましょう。

この時肩甲骨は外へスライドさせながら

頭側へ動くことを意識します。

そして、次は上を見上げるようにしなが

ら、胸を反らすようにします。

ここでは肩甲骨を頭と逆方向へ動かす

ようにしましょう。

この二つの動作を繰り返すます。

《背骨の捻り動作》

椅子に座り、足を肩幅より少し広めに

開きましょう。

そのまま股関節から身体を倒し、

腰から頭まで一直線になるように

します。

その姿勢で左の前腕(肘から手首)を

両膝で挟み、右手を頭の後ろ側に置き

ます。

そこから、背骨の上側を動かすつもり

で背骨を中心に右側から天井方向を

見上げるように捻ってみましょう。

この時、腰のあたりは固定するように

すると良いです。

反対側も同様に行ってみましょう。

【おわりに】

50代からでも、正しい歩き方と効果的な

トレーニングを取り入れることで、

腰痛を改善し、快適な日常を取り戻すこと

ができます。

パーソナルトレーニングジム体軸館では

、個々の身体の状態に合わせた

トレーニングプログラムを提供しています。

専門家のサポートを受けながら、

健康な身体を目指してみませんか?

お問い合わせは、お気軽にどうぞ。

健康な身体づくり、快適な毎日への

サポートをさせていただきます。

関連記事

  1. 過去の外出自粛では。。

  2. お花見( ^∀^)

  3. 【股関節の詰まりや痛み】

  4. その話しって疑う余地無しですか???

  5. 考え方はそれぞれ。。

  6. 【40代からの股関節痛予防と改善:日常動作を見直そう】

プロフィール

岩下洋太プロフィール

岩下 洋太(いわした ようた)
詳しいプロフィール

営業日および営業時間

火曜日 10:00〜21:00
水曜日 10:00~21:00
木曜日 10:00~21:00
金曜日 10:00〜21:00
土曜日 10:00〜20:00
日曜日 10:00~19:00

  1. 2024.07.19

    【腰痛解消の秘訣!50代向け動き作りと連動性トレーニング…

  2. 2024.07.17

    【座り仕事で腰痛に悩む50代必見!効果的な動作トレーニン…

  3. 2024.07.16

    【50代の腰痛改善:デスクワーカー向け動作トレーニング】…

  4. 2024.07.14

    【腰痛知らずの生活へ!50代におすすめの動作トレーニング…

  5. 2024.07.13

    【50代の腰痛対策!動作トレーニングで快適な毎日を】