【50代デスクワーカー必見!股関節痛を軽減する可動性向上とトレーニング】

長時間のデスクワークは、50代の職業人

にとって避けられない日常と言えるかも

しれません。

しかし、それが原因で起こる股関節痛は

、適切な対策を講じることで大幅に改善

することが可能です。

今回は、股関節の痛みを軽減し、

更に可動性を向上させ、股関節の根本的

な改善に向かうトレーニング方法につい

てご紹介します。

【股関節痛の原因】

50代になると、身体の各部分に年齢に

伴う変化が見られます。

特に、長時間座っていることで股関節

周りの筋肉は緊張し、柔軟性が低下し

やすくなります。

これが股関節痛の大きな原因となるの

です。

【可動性向上の重要性】

股関節の可動性を向上させることは、

痛みを軽減し、その状態を維持させる

と共に日常生活の質を高めるために

非常に重要です。

可動性が向上すると、股関節周りの

筋肉が適切に機能し、痛みの発生を予防

できます。

【トレーニング方法】

《股関節ストレッチ》

片膝立ちになり、骨盤が床に対し、

垂直を維持しながら、骨盤を前方へ

移動させます。

これにより、股関節前側の筋肉が伸び

、股関節の詰まり感が軽減します。

《ヒップリフト》

背中を地面につけて寝転び、膝を立て

ます。その状態で、お尻をゆっくりと

持ち上げていき、股関節後ろ側の筋肉

を鍛えます。

《バックランジ》

股関節周りの筋力を高め、可動性を

向上させるためには、バックランジ

が有効です。

片足を後ろ側へ引きながら腰を下ろす

ことで、股関節周りの筋肉を効果的に

鍛えられます。

【日常生活での工夫】

《立ち上がっての作業》

定期的に立ち上がり、少し歩くことで

股関節周りの筋肉を動かしましょう。

《適切な座り方》

長時間座る際には、正しい姿勢を保ち

、時々姿勢を変えることが大切です。

床に接地する足裏、椅子の座面にあたる

坐骨などにも意識を向けてみましょう。

【まとめ】

パーソナルトレーニングジム体軸館では

、一人ひとりの状態に合わせたトレーニ

ングプログラムを提供しています。

股関節痛を和らげ、更に可動性を向上さ

せることで、日々の生活がより快適に

なります。

50代のデスクワーカーの皆様、

ぜひこの機会にトレーニングを始めて

みませんか?

一緒に健康的で快適なライフスタイルを

目指しましょう。

関連記事

  1. 昨日に続きまして、、

  2. パーソナルトレーナーという仕事

  3. 【冬の道?】

  4. ほんのちょっとが大事♪

  5. 【慢性痛の呪縛を解く!動き方とその連動性の魔法】

  6. オンラインセッションのご感想♪

プロフィール

岩下洋太プロフィール

岩下 洋太(いわした ようた)
詳しいプロフィール

営業日および営業時間

火曜日 10:00〜21:00
水曜日 10:00~21:00
木曜日 13:00~21:00
金曜日 10:00〜21:00
土曜日 13:00〜20:00
日曜日 10:00~19:00

  1. 2024.05.26

    【座り仕事の腰痛対策:動作トレーニングによる効果的な背骨…

  2. 2024.05.25

    【腰痛を解消する歩き方と動作トレーニング:50代におすす…

  3. 2024.05.24

    【50代から始める腰痛予防:正しい姿勢と動作トレーニング…

  4. 2024.05.23

    【50代から始める腰痛予防:連動性を高める動作トレーニン…

  5. 2024.05.21

    【50代必見!腰痛と肩こりの関連性を理解し、動作トレーニ…