【50代必見!慢性痛を和らげる正しい歩き方と動作トレーニング】

【はじめに】

50代に入ると、デスクワークや

長時間の座り仕事による慢性痛が

増えてくると思います。

特に、腰痛や肩こりなどの悩みは

厄介な問題です。

しかし、正しい歩き方と動作トレー

ニングを取り入れることで、

これらの慢性痛は解消することが

できます。

本記事では、慢性痛を予防・改善する

ための方法をご紹介します。

【なぜ慢性痛が発生するのか?】

長時間同じ姿勢で座っていると、

筋肉が硬縮し、筋肉や関節の動き、

血流が悪くなります。

これが慢性痛の主な原因です。

特にデスクワークが中心の方は、

姿勢が悪くなりやすく、

それが腰痛や肩こりに繋がります。

【正しい歩き方の重要性】

歩き方は、全身の姿勢と連動しています。

正しい歩き方を習得することで、

全身のバランスが整い、筋肉の硬縮を

和らげていくことができます。

【正しい歩き方のポイント】

《1. 重心位置》

重心をやや高めの胸のあたりに置き、

踏み出す足の上へ移動させるように

歩くように意識してみましょう。

《2. 足の動き》

かかとから着地し、足指の付け根で地面

を蹴るように歩きます。

これにより、足全体を効率的に使うこと

ができます。

《3. 腕の振り》

自然に腕を振りながら前後のバランスを

意識することで、歩行のリズムも整い、

よりスムーズな歩行に近付いていきます。

【動作トレーニングのすすめ】

動作トレーニングは、日常の動きを

スムーズにし、慢性痛を予防するため

に重要です。

特に、腰痛や肩こりを軽減するための

トレーニングは効果的です。

【動作トレーニングの一例】

《ゲットアップ》

仰向けになり、両足を左右ともに45°

程度開きます。

この姿勢から右膝を立て、左手は左足

に沿うように軽く開き、手のひらを

下に向けておきます。

右の手は軽く握り肘が伸びた状態で

天井方向へ向けるようにします。

そこから左足の先を見るようにしながら

、左肘で立てる位置まで、ゆっくりと

上半身を起こしていきましょう。

起き上がりの姿勢は左肘から右の手まで

が一直線になるようにしてみましょう。

反対側も同様に行います。

【おわりに】

50代からでも、正しい歩き方と

動作トレーニングを取り入れることで、

慢性痛を解消することができます。

パーソナルトレーニングジム体軸館では

、個々の身体の状態に合わせた

トレーニングプログラムを提供しています。

専門家のサポートを受けながら、

健康な身体を目指してみませんか?

お問い合わせは、ホームページから

お気軽にどうぞ。

あなたの健康な身体づくりのお手伝いを

させていただきます。

関連記事

  1. 健康的な生活が一番!!

  2. 【40代デスクワーカーのためのガイド:股関節痛と肩こりの根本…

  3. 【運動を始めるなら】

  4. 《得意なことが弱点》

  5. 《意志のある選択、ない選択》

  6. こんな風に心配していらしたりしますか?

プロフィール

岩下洋太プロフィール

岩下 洋太(いわした ようた)
詳しいプロフィール

営業日および営業時間

火曜日 10:00〜21:00
水曜日 10:00~21:00
木曜日 10:00~21:00
金曜日 10:00〜21:00
土曜日 10:00〜20:00
日曜日 10:00~19:00

  1. 2024.07.19

    【腰痛解消の秘訣!50代向け動き作りと連動性トレーニング…

  2. 2024.07.17

    【座り仕事で腰痛に悩む50代必見!効果的な動作トレーニン…

  3. 2024.07.16

    【50代の腰痛改善:デスクワーカー向け動作トレーニング】…

  4. 2024.07.14

    【腰痛知らずの生活へ!50代におすすめの動作トレーニング…

  5. 2024.07.13

    【50代の腰痛対策!動作トレーニングで快適な毎日を】