【デスクワークで腰痛に悩むあなたへ:動作トレーニングで改善しよう】

デスクワークが長時間にわたる様になると、

腰痛に悩む方も増えてきます。

特に、50代になると加齢の影響も加わり、

腰痛は慢性的な問題となりがちです。

しかし、適切な動作トレーニングを

取り入れることで、腰痛は効果的に改善

することができます。

【腰痛の原因とは?】

デスクワーク中の崩した姿勢は、

腰に大きな負担をかけます。

その姿勢で長時間座っていると、

股関節や腰椎にかかる圧力が増し、

筋肉に硬縮が起こることで腰痛が

発生します。

また、座りっぱなしの生活は、

筋肉の柔軟性、可動性の低下や

血行不良も引き起こし、

腰痛を悪化させる要因となります。

【動作トレーニングの効果】

動作トレーニングは、腰痛の改善に

非常に効果的です。

以下に、具体的な効果とおすすめの

トレーニング方法を紹介します。

《1. 筋力強化》

筋肉を強化することで、身体を支え、

関節を守る力が増し、結果的に

腰痛の予防・改善に繋がります。

特に弱くなりやすい抗重力筋と呼ばれる

筋肉の強化がお勧めです。

《2. 可動性向上》

ストレッチの要素を含むエクササイズ

や動作トレーニングを行うことで、

筋肉や関節の可動性が向上し、

腰への負担を軽減します。

《3. 姿勢改善》

普段、何気なくとっている姿勢は、

デスクワーク中の過ごし方に加え、

日常の身体の使い方の影響も大きく

受けています。

動作トレーニングで日常動作を改善

することで姿勢も改善されます。

《おすすめの動作トレーニング》

(セグメンタルローリング)

仰向けになった状態で手足を上下に伸ばす

ようにします。

そのから右手を斜め下方向へ、袈裟斬り

をするような動き方でゆっくりと動かし

ていきます。

そのまま、身体を捻るほうへ手で誘導する

ように動かしていきます。

なるべく、へそから下の力を抜きながら

自然に上半身側から背骨を中心に捻って

いくようにやってみましょう。

(ウォールスクワット)

壁側を向き、つま先が壁につくか、

2〜3cm程度あけて立ちましょう。

バンザイをする形をとり、

手のひらは向かい合うようにし、

小指が壁に触れた形でお尻を

後ろ側へ引くようにしながら、

ゆっくりと身体を下へおろしていき

ます。

この時、肩甲骨は下側へ、

腰は反りすぎないことと、

後ろ側へ倒れてしまわないように、

注意しながら行ってみましょう。

【体軸館でのサポート】

体軸館では、一人ひとりの現在の

身体の状態に合わせた動作トレーニング

を提案しています。

専門家の指導のもと、無理なく続けられ

るプログラムとアドバイスをお伝えし、

腰痛の改善をサポートします。

また、姿勢のチェックや日常生活での

アドバイスも行い、総合的にサポート

します。

腰痛に悩む方は、ぜひ一度体軸館に

ご相談ください。

専門的な知識と経験を持つトレーナーが

、あなたの健康を全力でサポートいたし

ます。

腰痛を改善し、快適な生活を取り戻しま

しょう。

関連記事

  1. 《機能的な動きが私生活でもパフォーマンスアップに》

  2. 【50代デスクワーカー必見!股関節痛を軽減する可動性向上とト…

  3. 【50代の腰痛対策!動き方の癖を直す動作トレーニング】

  4. 【腰痛知らずの50代へ!歩行動作を見直すトレーニングメニュー…

  5. オフにつきゆったりと。。

  6. 《股関節から見た腰痛改善の鍵》

プロフィール

岩下洋太プロフィール

岩下 洋太(いわした ようた)
詳しいプロフィール

営業日および営業時間

火曜日 10:00〜21:00
水曜日 10:00~21:00
木曜日 10:00~21:00
金曜日 10:00〜21:00
土曜日 10:00〜20:00
日曜日 10:00~19:00

  1. 2024.07.19

    【腰痛解消の秘訣!50代向け動き作りと連動性トレーニング…

  2. 2024.07.17

    【座り仕事で腰痛に悩む50代必見!効果的な動作トレーニン…

  3. 2024.07.16

    【50代の腰痛改善:デスクワーカー向け動作トレーニング】…

  4. 2024.07.14

    【腰痛知らずの生活へ!50代におすすめの動作トレーニング…

  5. 2024.07.13

    【50代の腰痛対策!動作トレーニングで快適な毎日を】