【50代から始める腰痛対策: 効果的な動作トレーニングで日々を快適に】

長時間のデスクワークは、

腰痛の大きな原因となります。

しかし、適切な動作トレーニングにより

、これらの不調は大幅に改善することが

可能です。

この記事では、特に50代の方々に向け

て、日常生活で簡単に取り入れられる

動作トレーニングをご紹介します。

【腰痛の原因となる生活習慣】

50代になると身体の柔軟性が低下し、

筋肉に硬縮や弱化が起きやすくなり

ます。

また長時間同じ姿勢でいることで、

腰に過度なストレスがかかりやすく

なります。

これらが慢性的な腰痛になりやすい

大きな原因です。

【効果的な動作トレーニングの紹介】

《1. キャット&ドッグ》

(目的)

背骨の動きのバランスを整え、

腰椎への負担を減らします。

(方法)

四つん這いの姿勢で、へそを覗き込む

ようにしながら、背中を丸め、

見上げるように頭を上げながらそる

ようにします。

肩甲骨の動きを意識しながら行うよう

にしてみましょう。

《2. 大胸筋のストレッチ》

(目的)

上半身の筋肉を柔らかくして胸椎の

可動性を向上させ、腰への過度な

ストレスを軽減させます。

(方法)

立った姿勢で右肘を身体の真横、

かつ肩の高さくらいに上げ、前腕を

壁にあてて、胸を開く方向へ身体を捻り

胸の筋肉にストレッチをかけるように

していきます。

この位置で20秒程度保持し、リラック

スします。

反対側も同様に行ってみましょう。

《3. チョップ&リフト》

(目的)

上半身の動きに体幹の動きを合わせる

ことにより、よりしなやかな背骨の

動きを作り出し、背骨のどこか一部に

ストレスがかかる事を防止します。

(方法)

仰向けになり、右の手首を左手で掴み

両肘を伸ばし胸を反らしながら右上、

床方向へ下ろします。

そこから両肘を伸ばしたまま天井方向

を通し、左の股関節の外側へ向け

下すようにします。

この時、背中を背骨の上側から丸める

ように、上半身側から体幹へ働きかける

ように動かしていきます。

【日常での注意点】

《定期的な休憩》

長時間座り続けず、少なくとも1時間に

1回は立ち上がり、軽く体を動かすこと

を心掛けてください。

《適切な椅子の選択》

身体に合う高さの椅子を選び、

足裏はしっかりと床に接地するよう

な座り方を意識してみましょう。

【まとめ】

50代から始める動作トレーニングは、

腰痛の改善だけでなく、日々の活動の

質を高めるためにも非常に効果的です。

当ジムのパーソナルトレーニングでは

、これらのエクササイズを含む個別の

プログラムを提供しており、

一人ひとりの身体の状態に合わせた

サポートを行います。

腰痛によるストレスを手放し、

ご自身の望むライフスタイルを

実現したい方、

ぜひ体軸館をご利用ください。

関連記事

  1. 《慢性痛の根本改善の鍵は動きにあり》

  2. 【気を付けたい立ち方】

  3. 《健康な身体がもたらす自由なライフスタイルの実現》

  4. 《パフォーマンスを最大限引き出し自分らしい人生を》

  5. 気付いていらっしゃらない方もいらしたので。。

  6. 《意志のある選択、ない選択》

プロフィール

岩下洋太プロフィール

岩下 洋太(いわした ようた)
詳しいプロフィール

営業日および営業時間

火曜日 10:00〜21:00
水曜日 10:00~21:00
木曜日 13:00~21:00
金曜日 10:00〜21:00
土曜日 13:00〜20:00
日曜日 10:00~19:00

  1. 2024.05.26

    【座り仕事の腰痛対策:動作トレーニングによる効果的な背骨…

  2. 2024.05.25

    【腰痛を解消する歩き方と動作トレーニング:50代におすす…

  3. 2024.05.24

    【50代から始める腰痛予防:正しい姿勢と動作トレーニング…

  4. 2024.05.23

    【50代から始める腰痛予防:連動性を高める動作トレーニン…

  5. 2024.05.21

    【50代必見!腰痛と肩こりの関連性を理解し、動作トレーニ…