【慢性痛改善】

今回は【慢性痛改善】についてのお話しを。

今ある痛みの原因は人それぞれだと思いますが、

それでも考えていけばある一つの共通点が。

それは、使う時のバランス。

身体の前側&後ろ側、右側&左側、

上側&下側などなど、、、

そのバランスが崩れることで

本来動いていてほしい関節や筋肉が

動きづらかったり、

もしくは動きすぎる為

痛みとしてあらわれるんです。

ちなみに動きづらいは理解できても

動きすぎるがイメージ出来ない方。

これはセットで考えてみてください。

●ある筋肉や関節が動いてほしい(働いてほしい)

 のに動かない。

●その分を別なところで補う(ストレス過多)

ざっくり言えば、こういったしわ寄せ

みたいな話しです。

そういう意味でも、身体はバランス良く

使えるようにしておきたいところですね。

その為にも普段から運動して

ご自身の身体の状況をある程度把握して、

そのバランス良く使える状態を維持したい

ところなんです。

そして、現時点で痛みのある方。

この崩れてしまったバランスの

状況が続いた結果ですので、

これからバランスよく動かせる状態へ修正、

その後、実際に動かし方を変えていく

必要があります。

緩めたり伸ばしたりしても

使い方が変わらなければ戻りますから。

身体の使い方には癖があって、

それまで痛みの出る様な使い方、

もしくは痛いところをかばう様な

偏った使い方をしていれば、

ある程度、その痛みがある状態から

回復しても、

使い方が変わらなければ、

また戻ることになりかねないんです。

しかも本来であれば

使えるようにしたい筋肉も使われないまま。

当然のように弱くなっていきますよね?

更に、そんな風に弱くなっていくには

多少なり時間(年月)も経っています。

運動の習慣がないところから、

ある程度の年齢を重ね、

スタートする事の大変さときたら。。

だから、なるべく早く対処したいところ

なんです。

こういう事を考える機会が、

もしこれまで無かったとしたら、

それを知った今、動くべきなんです。

もしも、本気で今の状況を変えたい

のであれば。

そういう風に本気で動こうと思われる方、

是非体軸館へいらしてください。

一緒に《今》を変えていきましょう。

それでは^ ^

関連記事

  1. 【意外な?メリット】

  2. 【腰痛の根本改善に必要不可欠な動きの問題】

  3. オンラインでも効果実感♪

  4. オンラインセッションについて多かったご質問。。

  5. 腰痛改善に向けて

  6. いろんな刺激を入れて。。

プロフィール

岩下洋太プロフィール

岩下 洋太(いわした ようた)
詳しいプロフィール

営業日および営業時間

火曜日 10:00〜21:00
水曜日 10:00~21:00
木曜日 13:00~21:00
金曜日 10:00〜21:00
土曜日 13:00〜20:00
日曜日 10:00~19:00

  1. 2024.04.14

    【デスクワーク中心の50代のための、背骨の動きを改善し腰…

  2. 2024.04.12

    【50代のための腰痛解消法:歩行動作と可動性向上を中心に…

  3. 2024.04.11

    【50代から始める腰痛防止:身体の可動性を高め疲労感軽減…

  4. 2024.04.10

    【快適な毎日を取り戻す:50代の股関節痛軽減と可動性アッ…

  5. 2024.04.09

    【50代デスクワーカー必見!股関節痛を軽減する可動性向上…