【50代デスクワーカーのための腰痛軽減法:股関節の動作トレーニング】

50代でデスクワーク中心でお仕事され

ている方々は、長時間の座り姿勢から

くる腰痛に悩まされることが多いと

思います。

しかし、股関節を中心とした適切な

動作トレーニングを取り入れることで

、腰痛を大幅に軽減することが可能

です。

この記事では、簡単にできる股関節の

トレーニング方法をご紹介し、

快適な毎日を取り戻すお手伝いをします。

【腰痛と股関節の関係】

股関節は身体の中心近くに位置し、

上半身や下半身の動きに大きく関与

しています。

デスクワークによって股関節周りの筋肉

が硬くなると、腰に余計な負担がかかり

、腰痛の原因となることがあります。

股関節の可動性を高め、正しい位置で

機能させることが、腰痛軽減の鍵となり

ます。

【動作トレーニングプログラム】

《1. 股関節ローテーション》

(方法)

座った状態で、肩幅よりやや広めの足幅

で両脚を軽く曲げ、足首をつかみ固定し

たまま膝を床へ近付けるようにゆっくり

と内側へ倒します。

(効果)

股関節の可動性を上げ、股関節や腰部へ

の過度なストレスを軽減します。

《2. ヒップリフト》

(方法)

背中を地面につけて仰向けになり、

膝を曲げて足を床に平らにつけます。

この状態から、お尻と腰をゆっくりと

持ち上げ、少し停止した後に初めの

位置に戻します。

膝の向き、腰の反りすぎなど注意しなが

ら行いましょう。

(効果)

下半身の強化に加えて、腰痛の軽減に

効果的です。

《3. バックランジ》

(方法)

片足を後ろ側へ引くようにし、引いた側

の膝を床に近づけていきます。

前側の膝はつま先より前に出ないように

注意しながら行いましょう。

このエクササイズは前側の股関節の動き

と、前側の足で床を踏む意識を持ちなが

ら行うとより効果的です。

(効果)

足を前後に置きトレーニングすることで

、より日常動作である歩行、階段の上り

下りに近い動作となり、日常生活を

快適にすることができます。

【日常生活での実践】

これらのトレーニングは、オフィスや

自宅で比較的簡単に実行でき、

日常生活の中に取り入れることが可能

です。

例えば、就寝前や起床後に股関節ロー

テーションを行ったり、

テレビを見ながらヒップリフトをする

など、ちょっとした空き時間を活用し

ましょう。

【まとめ】

股関節の動作トレーニングは、

50代のデスクワーカーにとって腰痛

軽減の強力なツールです。

日々のトレーニングを通じて、

身体の可動性を上げ、健康で快適な生活

を送るための一歩を踏み出しましょう。

パーソナルトレーニングジム体軸館では

、これらのトレーニングをさらに個別化

し、皆様のニーズに合わせたサポートを

ご提供します。

腰痛に悩む方は、ぜひ一度ご相談ください。

関連記事

  1. 誰でも良いわけではありません!!

  2. 《慢性痛解消と動きの改善、意識的な習慣化の重要性》

  3. 【肩こり改善のための動作トレーニング:50代の方におすすめの…

  4. 【デスクワーク疲れにサヨナラ:身体の使い方の癖改善で腰痛解消…

  5. 【歩き方で解消:40代デスクワーカーの疲労感と姿勢の改善法】…

  6. 好感触?

プロフィール

岩下洋太プロフィール

岩下 洋太(いわした ようた)
詳しいプロフィール

営業日および営業時間

火曜日 10:00〜21:00
水曜日 10:00~21:00
木曜日 13:00~21:00
金曜日 10:00〜21:00
土曜日 13:00〜20:00
日曜日 10:00~19:00

  1. 2024.05.26

    【座り仕事の腰痛対策:動作トレーニングによる効果的な背骨…

  2. 2024.05.25

    【腰痛を解消する歩き方と動作トレーニング:50代におすす…

  3. 2024.05.24

    【50代から始める腰痛予防:正しい姿勢と動作トレーニング…

  4. 2024.05.23

    【50代から始める腰痛予防:連動性を高める動作トレーニン…

  5. 2024.05.21

    【50代必見!腰痛と肩こりの関連性を理解し、動作トレーニ…