【デスクワークによる股関節痛を軽減!重心を上げるトレーニングのススメ】

長時間のデスクワークは、

多くの職業人にとって避けられない

現実です。

特に50代を過ぎると、股関節に痛み

や不快感を感じることが多くってき

ます。

しかし、重心を上げるトレーニングに

よって、これらの不調を大幅に軽減する

ことが可能です。

本記事では、デスクワークによる

股関節痛を軽減するためのトレーニング

方法をご紹介します。

【なぜ重心を上げる

トレーニングが有効なのか】

重心を上げるトレーニングは、

身体のバランスを整え、関節への過度な

ストレスも軽減し、股関節への負担を

減らします。

重心の位置を高く保つことは、機能的な

歩行の実現や立位姿勢の安定を生み、

股関節や腰への過剰なストレスを防ぐこと

ができます。

これにより、股関節痛の予防及び軽減に

つなげることができます。

【トレーニング方法】

《ストレッチ》

まずはある程度の関節の可動域を確保する

ことから始めてみましょう。

胸、股関節前側などストレッチして、

身体を反らす方向への可動域を出せるよう

にストレッチから行いましょう。

《カーフレイズ》

重心を上げるために、床を蹴る、踏む

動作は重要となってきます。

その為のふくらはぎのトレーニングは

必須です。

まずは両足でスタートし、下ろす時は

ゆっくりと動かすように行ってみまし

ょう。

《バックランジ》

床を踏む、蹴る動作に対し、もう一つ

重要な股関節の動き。

これはバックランジを行うことで作っ

ていきましょう。

ランジを行う際、前に残る足側の股関節

をしっかりと曲げ込む意識を持って

行ってみましょう。

《階段昇降》

上記のトレーニングを行った上で、

階段を使っての上り下りを行うように

してみましょう。

お尻、ふくらはぎを使えるように

した上で行う階段の上り下りはとても

良い運動になります。

【日常生活でできること】

《定期的なストレッチ》

デスクワーク中、もしくは後に

こまめに股関節周りをストレッチして

、柔軟性や血流を保ちましょう。

《立ち仕事の取り入れ》

可能であれば、立ち仕事を取り入れ

て、長時間の座りっぱなしを避けま

しょう。

《適切な座り方》

椅子に深く腰掛けすぎず、足の裏

坐骨に乗る意識を持ちながら背筋を

伸ばすようにしましょう。

【まとめ】

パーソナルトレーニングジム体軸館では

、個々の状態に合わせたトレーニング

プログラムを提供しています。

重心を上げるトレーニングにより、

デスクワークによる股関節痛を軽減し、

健康的な身体を取り戻しましょう。

股関節の不快感に悩むことなく、

日々の生活、業務に集中できるよう

サポートします。

健康的で快適な生活へ向け、今、

新たな一歩を踏み出しましょう。

関連記事

  1. 《やり残しは。。》

  2. 腰痛と仲良くしていきたいですか?

  3. 【座り仕事の腰痛を和らげる:背骨の動きを改善する動作トレーニ…

  4. 珍しく海外の方がお二人。。

  5. 【40代デスクワーカーのためのガイド:股関節痛と肩こりの根本…

  6. 【腰痛を改善させる為に、、】

プロフィール

岩下洋太プロフィール

岩下 洋太(いわした ようた)
詳しいプロフィール

営業日および営業時間

火曜日 10:00〜21:00
水曜日 10:00~21:00
木曜日 13:00~21:00
金曜日 10:00〜21:00
土曜日 13:00〜20:00
日曜日 10:00~19:00

  1. 2024.05.26

    【座り仕事の腰痛対策:動作トレーニングによる効果的な背骨…

  2. 2024.05.25

    【腰痛を解消する歩き方と動作トレーニング:50代におすす…

  3. 2024.05.24

    【50代から始める腰痛予防:正しい姿勢と動作トレーニング…

  4. 2024.05.23

    【50代から始める腰痛予防:連動性を高める動作トレーニン…

  5. 2024.05.21

    【50代必見!腰痛と肩こりの関連性を理解し、動作トレーニ…