【効果的な股関節エクササイズで腰痛を忘れる:50代のための動作改善プラン】

50代で増えてくる腰痛の問題は、

多くの方が日常的に直面しています。

特にデスクワークが多い方は、

長時間同じ姿勢でいることが多く、

それが腰痛を引き起こす一因となって

います。

この記事では、腰痛の大きな原因の一つ

である股関節の可動性を改善することに

焦点を当てたエクササイズをご紹介しま

す。

【股関節が腰痛に与える影響】

股関節は身体の中心付近に位置し、

上半身と下半身をつなぐ骨盤に付着する

重要な関節です。

この関節の動きが制限されると、

腰に余計な負担がかかり、痛みの原因に

なります。

股関節の可動性を高めることは、

腰痛の予防及び改善に重要なポイントと

なります。

【効果的な股関節エクササイズ】

《1. 股関節まわし》

仰向けの状態で、両膝を立てます。

足の間はお尻より広めにとり、

持てる方は足首を持ち、難しい方は

足首にタオルをかけ、そのタオルを

掴むようにしましょう。

足の位置が固定できたら、まず右足を

ゆっくりと内側へ倒し、股関節の可動域

を徐々に広げていきます。

骨盤は両サイド床についた状態を維持

するように行ってみましょう。

《2. ヒップリフト》

仰向けになり、両膝を立てます。

その状態から、お尻を持ち上げて膝から

背骨までを一直線にします。

この動作の際は、お尻の筋肉が働いて

いる意識と、合わせて腰が反らないよう

に注意することも必要となります。

《3. バックランジ》

片足を後ろ側へ引くようにし、引いた側

の膝を床に近づけていきます。

前側の膝はつま先より前に出ないように

注意しながら行いましょう。

このエクササイズは前側の股関節の動き

と、前側の足で床を踏む意識を持ちなが

ら行うとより効果的です。

【 日常生活でのポイント】

長時間座って作業をする際は、

時々立ち上がって軽くストレッチを

したり、歩いたりしてみましょう。

椅子に座るときは、足裏、坐骨に乗り

背筋が自然に伸びる意識を保つように

しましょう。

水分をこまめに取り、筋肉や関節の可動性

を保てるようにしましょう。

【まとめ】

この記事で紹介した股関節エクササイズ

を日常的に行うことで、腰痛の予防と

改善が期待できます。

痛みがある場合や不安がある場合は、

専門のトレーナーに相談しながら進める

ことをお勧めします。

パーソナルトレーニングジム体軸館では

、個々の状態に合わせたプログラムを

提供しておりますので、ぜひご利用くだ

さい。

関連記事

  1. オンラインセッションについて多かったご質問。。

  2. メンテナンス

  3. 腰痛改善への道のり

  4. 色々と残り僅か?

  5. ご新規の方

  6. 日々、楽しみながら♪

プロフィール

岩下洋太プロフィール

岩下 洋太(いわした ようた)
詳しいプロフィール

営業日および営業時間

火曜日 10:00〜21:00
水曜日 10:00~21:00
木曜日 13:00~21:00
金曜日 10:00〜21:00
土曜日 13:00〜20:00
日曜日 10:00~19:00

  1. 2024.05.26

    【座り仕事の腰痛対策:動作トレーニングによる効果的な背骨…

  2. 2024.05.25

    【腰痛を解消する歩き方と動作トレーニング:50代におすす…

  3. 2024.05.24

    【50代から始める腰痛予防:正しい姿勢と動作トレーニング…

  4. 2024.05.23

    【50代から始める腰痛予防:連動性を高める動作トレーニン…

  5. 2024.05.21

    【50代必見!腰痛と肩こりの関連性を理解し、動作トレーニ…