【姿勢を良くするには】

ここ最近、

投稿しているものの内容の多くは

運動についてのものですが

皆さまお気付きでしょうか。。

それは、

パーソナルトレーニングをしながら

お客様から、受講目的として

割とよくお聞きするものの一つ、

【姿勢を良くしたい】

というお言葉。

ですが、その対応策を聞けば、

普段姿勢を良くしようと

気付いた時に胸を張る様にするとか

お腹を意識して力を入れるように、、

といった話しばかり。

そういったことから、

これは運動や身体の使い方について

お伝えしたほうが良いと判断し

書いているところです。

姿勢を気にされる方は

皆さんお気付きかと思いますが、

日頃姿勢を気をつけるようにしてみても

何かに夢中になると気付けば

大抵崩れている、、

そんなものですよね。

もちろん、気を付けるのは良い事ですが

それで改善できるものではありません。

気を付けるのはどちらかといえば

改善ではなく維持ですから。

ではどうすれば良いのかというと

身体の使い方、動かし方を変えれば

良いのです。

そもそも無意識で姿勢が悪くなって

しまう方は、大抵の場合、

関節の可動域の低下や筋肉を働かせる感覚が

低下しているといった問題を持っています。

要はそこからバランスが崩れているのです。

そういう動かし方のアンバランスが

ある意味、姿勢のアンバランスを

生んでいるとも言えます。

なので本当に気を付けるべきは、

身体の使い方、動かし方のほうであって

日頃の姿勢ではありません。(改善が目的なら)

そして、その為の時間を取り、

使い方を身体に覚えさせるように

練習を重ねて、

日頃の使い方に自然と反映されるようにする。

本当に姿勢を良くしようと思う方は

そういう風に行ったほうが確実です。

ちなみに、

敢えて【その時間を取り】

と書いたのは、たまに

『普段そういう事を意識して

身体を使えばいいですか?』

と聞かれる方が結構いらっしゃるからです。

これは、

私生活の中では無意識で行動することが

ほとんどですよね?

今日トイレの便座に座るとき

どの筋肉、関節をどう使ったか

覚えていますか?

そういったものを生活の中で

一つ一つ、関節や筋肉の動きを意識して

行うのは現実的ではありません。

そういった難易度かなり高めのものに

チャレンジしようという言葉です。

そんな事をするより、

時間を取って、使い方、動かし方を

身体に覚えさせる。

そして、確実にそれをやるために

その事だけに集中出来る時間をつくる。

それが必要になります。

そういった大事なことを合わせてお伝えしようと

【その時間を取り】と書かせて頂きました。

これは運動が習慣化していないと

多少面倒に感じるかもしれませんが

これが確実な道です。

これから本気で取り組まれようとする方は

是非体軸館へ。

それでは^ ^

関連記事

  1. 【腰痛の根本改善へ:動きと、その連動性の大切さ】

  2. 準備だけは手抜かりなく、、

  3. 【再会より大事なこと?】

  4. 2020年(令和2年)

  5. 腰痛改善出来ないというすり込み

  6. やりたい事をやる

プロフィール

岩下洋太プロフィール

岩下 洋太(いわした ようた)
詳しいプロフィール

営業日および営業時間

火曜日 10:00〜21:00
水曜日 10:00~21:00
木曜日 10:00~21:00
金曜日 10:00〜21:00
土曜日 10:00〜20:00
日曜日 10:00~19:00

  1. 2024.06.23

    【50代の腰痛改善!連動性を高める動作トレーニングで毎日…

  2. 2024.06.22

    【50代の腰痛を動作改善で解消!効果的なトレーニング法】…

  3. 2024.06.21

    【50代の腰痛と運動不足を同時に解消!効果的な動作トレー…

  4. 2024.06.20

    【長時間座る50代必見!腰痛解消と歩き方改善の動作トレー…

  5. 2024.06.19

    【50代の腰痛を撃退!姿勢改善と動作トレーニングで快適な…