【50代デスクワーカーのための腰痛解消法:負の連鎖を断ち切る動作トレーニング】

50代でデスクワークをされている方々

は、その仕事スタイルから腰痛という

厄介な問題に直面していることが多い

と思います。

長時間座り続けることから始まる負の

連鎖は、腰痛だけでなく、全身に不調

を引き起こす可能性があります。

この記事では、そんな負の連鎖を断ち

切り、腰痛を解消するための効果的な

動作トレーニングをご紹介します。

【腰痛のメカニズムと負の連鎖】

デスクワークは、不自然な姿勢が長時間

続くため、身体の可動性、安定性、姿勢

などのバランスを崩し、腰部に過度な

ストレスがかかりやすくなります。

これにより、腰などに痛みとして症状が

現れやすくなります。

これが繰り返されることで、慢性的な

腰痛を引き起こす負の連鎖が生まれます。

【動作トレーニングで負の連鎖を断つ】

《1.キャット&ドッグ》

(方法)

まず四つ這いの姿勢になります。

両手で床を押しながら、へそを覗き込む

ようにし、背中を丸くしましょう。

この時肩甲骨は外へスライドさせながら

頭側へ動くことを意識します。

そして、次は上を見上げるようにしなが

ら、胸を反らすようにします。

ここでは肩甲骨を頭と逆方向へ動かす

ようにしましょう。

この二つの動作を繰り返すます。

《2.フルボディエクステンション&フラクション》

(方法)

四つ這いの姿勢になり、股関節を曲げ込む

ことを意識しながらお尻をかかとの方へ

近付けていきます。

その後、股関節を伸ばすように身体を

前方へ、腰を反りすぎないようにしながら

胸を反らすようにします。

この動作を繰り返し行いましょう。

《3.背骨の捻り動作》

(方法)

椅子に座り、足を肩幅より少し広めに

開きましょう。

そのまま股関節から身体を倒し、

腰から頭まで一直線になるように

します。

その姿勢で左の前腕(肘から手首)を

両膝で挟み、右手を頭の後ろ側に置き

ます。

そこから、背骨の上側を動かすつもり

で背骨を中心に右側から天井方向を

見上げるように捻ってみましょう。

この時、腰のあたりは固定するように

すると良いです。

反対側も同様に行ってみましょう。

【日常生活での簡単な実践】

これらのトレーニングは、日常的に

数分間行うだけで、ある程度の効果

を発揮します。

特に長時間の座り仕事の合間に実行

することで、腰への負担を軽減し、

腰痛の予防につなげることができます。

【まとめ】

腰痛は、適切なケアと予防が重要です。

本記事で紹介した動作トレーニングを

実践し、日々の生活の中で腰痛のリスク

を減らしましょう。

パーソナルトレーニングジム体軸館では

、これらのエクササイズを含む個別の

あなたの身体に合ったプログラムを

提供しておりますので、

お困りの方はぜひご相談ください。

一緒に健康的で快適な生活を目指しまし

ょう。

関連記事

  1. 【腰痛を改善させる為に、、】

  2. 【デスクワーカー必見!腰痛を解消する動作トレーニング入門】

  3. 『今はどこもおかしくないから』

  4. 【動きの癖が引き起こす慢性痛:重力の影響を考える】

  5. 【50代のデスクワーカー向け:股関節痛を克服し、パフォーマン…

  6. 【オンラインセッション】

プロフィール

岩下洋太プロフィール

岩下 洋太(いわした ようた)
詳しいプロフィール

営業日および営業時間

火曜日 10:00〜21:00
水曜日 10:00~21:00
木曜日 13:00~21:00
金曜日 10:00〜21:00
土曜日 13:00〜20:00
日曜日 10:00~19:00

  1. 2024.05.26

    【座り仕事の腰痛対策:動作トレーニングによる効果的な背骨…

  2. 2024.05.25

    【腰痛を解消する歩き方と動作トレーニング:50代におすす…

  3. 2024.05.24

    【50代から始める腰痛予防:正しい姿勢と動作トレーニング…

  4. 2024.05.23

    【50代から始める腰痛予防:連動性を高める動作トレーニン…

  5. 2024.05.21

    【50代必見!腰痛と肩こりの関連性を理解し、動作トレーニ…