【腰痛対策は足元から!足首を整えて機能的な歩行を】

多くの50代の方々が、デスクワーク中心

の長時間の座ったままの影響による、

腰痛に悩まされています。

しかし、腰痛の改善と予防は足元からも

始められることをご存じですか?

今回は、足首を中心に機能的な歩行を

取り戻し、腰痛を軽減する方法を紹介

します。

【1. 足首の可動性を高める】

足首の硬さは、歩行時のバランスを悪く

し、腰に余計な負担をかける原因となり

ます。

簡単なストレッチとエクササイズで

足首の可動性を向上させましょう。

座った状態でかかとを床に固定し、

足首をゆっくり回す、足の指を手で

引っ張って動かす、カーフレイズなど

、日常的に行えるエクササイズを

お試しください。

【2. 正しい歩行法を身につける】

腰痛を引き起こす歩行パターンを修正

することも重要です。

まずは地面をしっかりと蹴ることを意識

し、足全体でバランス良く体重を支え、

スムーズに重心移動を行えるように

していきましょう。

かかとから着地し、やや外側を通り、

土踏まずを使い、足指で蹴り出す。

こういったことをスムーズに行えるよう

にすることが大事です。

【3. 日常生活での足首の活用】

日常生活の中で足首を意識的に使うこと

で、無理なく腰痛予防が可能です。

階段を上り下りや歩行時に、足首を

しっかりと動かすことを心がけてみま

しょう。

また、立ち姿勢での足首のポジショニン

グも重要です。

【4. 定期的なチェックとケア】

足首の可動性や歩行パターンは日々の

生活の中で変化するため、

定期的なセルフチェックが重要です。

週に一度程度は、足首の動きや歩き方

に偏りがないかをチェックし、

必要に応じてパーソナルトレーナーに

相談することをお勧めします。

腰痛は多くの方にとってやっかいな問題

ですが、足元からのアプローチによって

改善することが可能です。

この記事を参考に、日々の生活の中で

足首の動きを意識し、機能的な歩行を

取り戻しましょう。

そして、腰痛のない快適な生活を目指し

ましょう。

関連記事

  1. 変わっていくもの

  2. 伝えるって難しい。。

  3. 色褪せる事のない。。

  4. 【継続のこつ?】

  5. 【50代から始める腰痛予防:連動性を高める動作トレーニング】…

  6. 大相撲三月場所。。他

プロフィール

岩下洋太プロフィール

岩下 洋太(いわした ようた)
詳しいプロフィール

営業日および営業時間

火曜日 10:00〜21:00
水曜日 10:00~21:00
木曜日 13:00~21:00
金曜日 10:00〜21:00
土曜日 13:00〜20:00
日曜日 10:00~19:00

  1. 2024.05.26

    【座り仕事の腰痛対策:動作トレーニングによる効果的な背骨…

  2. 2024.05.25

    【腰痛を解消する歩き方と動作トレーニング:50代におすす…

  3. 2024.05.24

    【50代から始める腰痛予防:正しい姿勢と動作トレーニング…

  4. 2024.05.23

    【50代から始める腰痛予防:連動性を高める動作トレーニン…

  5. 2024.05.21

    【50代必見!腰痛と肩こりの関連性を理解し、動作トレーニ…